芦別市立旭小学校

大正3年6月?日開校   昭和51年3月31日閉校


平成18年10月訪問



この旭町地区にはかつて温泉もあったようだが
現在はすっかり寂れた感じである









跡地には体育館と校舎の一部が残っていた
現在は何かの工場として使用されているようだ









古い木造の体育館であるが 良くあるタイプの側面の柱
ひかえ壁は無い
しかしなかなか良い雰囲気の建物である









裏側から見ると校舎だった一部も繋がっていて
より一層学校らしさを残す 素敵な風景である









校庭跡は そのほとんどがビニールハウスで覆い尽くされていた









道路を挟んだ向いには 教員住宅らしき建物が

この小学校は農業という経済基盤の地域にあったため
市内他の閉校になった小学校のような炭鉱の閉山による
児童数の減少ということはなかった
しかし国による米の生産調整で離農者に歯止めが掛からず
最高時190名近くいた児童も
昭和50年にはわずか17名になり閉校となった
芦別市史より





back

inserted by FC2 system